『ダブルオークアンタ作成(8)』

玖蘭 HGダブルオークアンタ
06 /04 2017

こんにちは

玖蘭一舞です。


最近夜が非常に冷えます。

普通に毛布なしでは寒くて眠れません。

お布団×毛布×ベッドの方程式は僕たちにひと時の安らぎを与えてくれますね。



という訳で今日からお仕事です・・・(絶望)




20170603_4.jpg


前回はこのガンダムフェイス迄作成しました。


次にこの・・・


20170603_5.jpg


ガンダムの頭部には(ほぼ)必ず存在しているアンテナ部分の作成です。


本当にアンテナ部分は細く小さいパーツなので、油断するとポキッと折れる事もあります。(昔ランナーからパーツを切り離そうとした際に折れた経験アリ・・・)



画像は既に切断~ゲート跡処理まで全て完了しております。

今回はここにプラスaしていきます。


本来ガンダム界隈におけるアンテナにはレーダーやセンサーなどの機能がついております。

ただの飾りではありません(・・・たぶん)。


まぁ機能or装飾ということはこれから行う作業に関係ありません(←では何故説明した?)

 

20170603_12.jpg


写真の赤い部分のように、アンテナの先端部分に隆起したような突出部分があります。


本来のMSのデザインにこのような突出部はありません。

これはキット化する際、どうしても先端が鋭角になりやすいMSのアンテナには必ずある仕様です。

ガンプラは小さい子でも作れるようにいろいろ考えて作られているので、そのような先端が尖っているパーツには保護目的とした突出部が作られる訳ですね。うん、素晴らしい配慮。



で、今回はその突出部分を削って、その素晴らしい配慮を無に帰そうという血も涙もない事を行います。本来のデザインには無い部分ですからね。出来うる限り原形に近づけたいという事です。

あくまでケガをしないようにそういう仕様になっているので、本来は非推奨かもしれません。

自己責任の下で実施しましょう。


20170603_6.jpg


まずはいつも通りニッパーで少しずつ削りとっていくように切断していきます。

無論力を入れすぎないよう慎重にです。


本当に細いパーツなので下手な力を入れると簡単に折れます。

作業中はパーツ破損の恐怖と戦いになります。

正直緊張が止まりませんでした・・・(汗)


ニッパーである程度切断したら、いつものようにナイフでギリギリまで削ぎます。

でもって最後はヤスリがけを行って切断跡を綺麗にします。


やってること自体はゲート跡の処理となんら変わりありませんね(笑)


20170603_7.jpg


で、完成後がこちらとなります。


ビックリするぐらい綺麗になったと思いませんか?


この作業が終わったあとの僕は

「ヤバイ!!こいつは我ながら良い出来栄えではなかろうかッ!?」

とかなりテンションが上がっておりました。

(作業中は息をするのも忘れるくらい緊張しながら行っていたので、その反動もあったのかもしれませんが・・・笑)


ともあれこれでアンテナ部は終了です。

次回のアップで頭部の作業については終わるかと思います。


『ダブルオークアンタ作成(9)』へ


ゼロから始めるガンプラビルダー

玖蘭一舞

コメント

非公開コメント

玖蘭一舞&Poh

当ブログにアクセスいただきありがとうございます!当ブログはプラモ製作ほぼ初心者の玖蘭と、完全未経験のPohの二人でアップしていくガンプラ製作ブログになります。僕らと同じく「これから始めたい」と考えている初心者の方が参考にできるようなブログを目指しています。