『バルバトスルプスレクス作成(22)』

玖蘭 HGバルバトスルプスレクス
11 /24 2017

こんにちは。

玖蘭一舞です。


ブログ投稿がかなりお久しぶりとなってしまいました。 

初雪がチラついた事もあり季節は間違いなく冬と言えましょうが、まるで「春眠暁を覚えず」という言葉のように最近の私には毎日春先のごとく睡魔が強襲を仕掛けてきております。

『帰宅→ご飯→寝落ち→起床→準備完了後、出社』という風に全くガンプラを触る事ができておりませんでした・・・(汗)


今も眠い目を擦りながら寒さに肩を震わせブログを作成しております・・・。

・・・これいずれ冬眠するんじゃなかろうか。



とにかく目標である「年末までにルプスレクス完成」(←いつ決めたのか)を目指して今日もガンプラ&ブログを作っていきます。


というか前回の続きですね。

脚部塗装ミスの修正です・・・。


前回重ね塗りをした結果、重ねた回数に応じて段が生じ、見た目も悪くまた軽く触れただけで剥げてしまう状態にありました。

それを一度削り落とし再度丁寧に塗装をし直しました。


しかしながらそれでも塗装にムラが生じてしまった(というよりも削り落としきれなかった部分が要因)ので、少し手法を変更しました。


20171124_01.jpg


塗装部に薄め液を筆で塗布させ、多めに付き過ぎて固まっている塗料を溶かしながら馴染ませるという方法を思いついたので実施。

即断即実行ですね。


20171124_02.jpg


20171124_03.jpg


20171124_04.jpg


20171124_05.jpg


結果、元々塗りすぎていた箇所は気持ちマシになった程度ではありましたが思いのほか効果のあったパーツもありました。

やった後に「あれ?薄め液ってパーツに直接付与していいのだろうか?」という疑問を持ちましたが、後の祭り。

まぁ元々塗料を薄める為の用途を持っているので、そもそもとしてはパーツに塗布しても問題はないでしょう。ただ本来の使用手順から離れているので同じように修正される方は自己責任でお願いします。現状でパーツ等に問題は発生しておりませんが一応念の為・・・。


20171124_06.jpg


脚部にブラックで塗装を施した部分は同じように修正を。


乾いて問題ないと判断できればようやく次の工程に進めます。o(^▽^)o



ゼロから始めるガンプラビルダー

玖蘭 一舞


コメント

非公開コメント

玖蘭一舞&Poh

当ブログにアクセスいただきありがとうございます!当ブログはプラモ製作ほぼ初心者の玖蘭と、完全未経験のPohの二人でアップしていくガンプラ製作ブログになります。僕らと同じく「これから始めたい」と考えている初心者の方が参考にできるようなブログを目指しています。